ページトップへ ホームへ

西原セントラルクリニック >> 診療科目のご案内 >> 内視鏡センター>> 痛みの少ない大腸内視鏡検査

◆ はじめに
大腸の内視鏡検査は痛いというイメージがありますが、内視鏡検査機器の改善、そして医師の技術の進歩のおかげで、楽で痛みの少ない検査ができるようになっています。
ただし、以前の検査で痛みが強かった方や不安の強い方には鎮静剤・鎮痛剤(痛み止め)を使用しますので遠慮なくお申し出ください。
 
 この方法でほとんどの方から、苦痛がないか、もしくは多少圧迫感がある程度と答えていただいています。ただし、全身麻酔ではないので、高度癒着、過長結腸のために挿入が困難な方では稀に痛みが出ることがあります。鎮痛剤を使用した場合、検査後ボーッとした感じが残りますので、1時間ほど院内で休憩してから帰宅するようしていただいています。ただし、しばらくはふらつきが残る場合がありますので、当日の自動車の運転は危険です。内視鏡検査においては公共交通機関での来院をお願いします。
内視鏡検査
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)について 日帰り大腸ポリープ切除について
 
◆ 下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)のご予約はお電話にてお待ちしております
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)のご予約はお電話にて承っております。お気軽にお電話下さい。