ページトップへ ホームへ

西原セントラルクリニック >> 診療科目のご案内 >> 内視鏡センター>> 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

◆ はじめに
上部消化管内視鏡検査は内視鏡(胃カメラ)を用いて、食道、胃、十二指腸を内側から直接観察する検査です。
食道がん、胃がん、胃潰瘍、胃炎などを発見することができます。
粘膜の一部を採取して顕微鏡で観察する、生検と呼ばれる検査も可能です。
また、内視鏡検査でピロリ菌を認めた場合は保険診療として除菌療法が可能です。

内視鏡検査
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)はこちら
 
◆ 細くて楽な経鼻内視鏡検査
 内視鏡検査は鼻から挿入する内視鏡(経鼻内視鏡)検査と口から挿入する内視鏡(経口内視鏡)検査の選択が可能です。経鼻内視鏡検査は、直径5mm程度の細い径の内視鏡を使用しますので、鼻からの挿入も容易になっています。また、経鼻内視鏡検査では内視鏡が舌の付け根に触れないので咽頭反射(ゲーゲーと吐き気が起こること)はほとんどなく、経口内視鏡検査と比較して楽に検査を受けていただくことが可能です。

 ただし、稀ですが左右両側の鼻腔が狭い方は、経口内視鏡検査に変更しての検査が必要な場合があります。その場合は、咽頭反射を抑えるために希望者には鎮静剤を用いて検査を行っています。鎮静剤を使用した場合、検査後ボーッとした感じが残りますので、1時間ほど院内で休憩してから帰宅するようしていただいています。ただし、しばらくはふらつきが残る場合がありますので、当日の自動車の運転は危険です。内視鏡検査においては公共交通機関での来院をお願いします。
スコープが舌にあたらないので、
不快や吐き気を感じにくい
スコープが舌を通るため、
不快や吐き気を感じ易い
 
◆ 消毒設備および検査室について
 当施設では、検査器具から患者様への感染の危険性を最大限予防するため「内視鏡学会のガイドラインに則った洗浄」を行っています。お一人おひとりの検査終了後すぐに、酵素洗浄剤による手洗い洗浄と内視鏡消毒器による消毒を行い、使用器具はディスポーザブル(使い捨て)または高圧滅菌消毒をしています。また、患者様のプライバシーを確保するため、一人一人が別々となる個室の内視鏡検査室で検査を行っています。
 
◆ 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)のご予約はお電話にてお待ちしております
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)のご予約はお電話にて承っております。お気軽にお電話下さい。