ページトップへ ホームへ
西原セントラルクリニック>> リウマチ科〜専門の医師による最新の治療〜
◆ 関節リウマチのこと
関節リウマチは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節の変形をきたしてしまう病気です。現在も原因は完全にはわかっておらず、全身の関節に痛みや腫れ、こわばりといった症状が出ます。30〜50歳代の女性に多く発症し、60歳以降に発症する例も少なくありません。しかし、
かつては「手を尽くしても治らない病気」と悲観的に見られていたこのリウマチですが、現在では治療法が飛躍的に進歩し、早期からの薬物療法により、関節破壊の進行を抑えられるようになりました。

関節リウマチにおける寛解は3つあり、以下のとおりです。
①関節の痛みや腫れがなくなり、検査値異常もない
②関節破壊の進行がない
③身体機能の障害が進行しない


専門の医師の指示のもと、正確な治療を行えば支障のない社会生活を送ることができるようになります。
◆ 最近のリウマチ治療
 関節リウマチの治療は生物学的製剤の登場により、ここ20年で治療が変わっています。
 抗リウマチ薬を一定期間使用しても、病状をコントロール できない場合、生物学的製剤の使用を検討するべきだと考えます。抗リウマチ薬に比べても数倍高い抗炎症効果があります。 生物学的製剤は、点滴または皮下注射で投与します。薬の種類によって投与のタイミングが異なりますので、専門の医師の指示にしたがいましょう。

◆ 生物学的製剤といままでの薬との違い
 これまで主に使用されてきた抗チウマチ薬は、関節リウマチを引き起こす免疫の異常を修復することで、症状を改善する働きがありました。しかし、これだけでは、多くの患者さんで十分に病気の進行を止めることができませんでした。 生物学的製剤は、その免疫異常を起こす炎症性サイトカインと呼ばれる物質の働きを止める薬とサイトカイン産生へと導く前段階である免疫反応をコントロールしているT細胞の働きを抑える薬があり、関節の変形・破壊を止める働きや、関節の腫れ・痛みを改善する効果が飛躍的に上がりました。
◆ 呼吸器内科との連携という強み
 一方で関節リウマチに起因する間質性肺炎、治療に伴う薬剤性肺障害、呼吸器感染症といった多岐にわたる肺疾患の合併がこれまで以上に問題になっています。関節リウマチの呼吸 器合併症は、経過の早さと重症化の危険性から早期診断、早期治療が重要です。西原セントラルクリニックには常勤の呼吸器科医師が在籍し、早期診断に欠かせないCT検査機器も装備しているので、安心して治療を受けて頂くことが可能です。
 リウマチの治療は長期に及ぶことがほとんどであるため、呼吸器内科との連携もとても重要になってきます。その面でも、総合型クリニックである西原セントラルクリニックには、治療体制が整っています。セカンドオピニオン、治療面での協力などは各科の医師と、看護師が協調し、リウマチ患者の方を全面的にバックアップします。
◆ 予防
 関節を冷やしてしまうと、関節痛は強くなってしまう傾向があり ます。寒い季節はもちろんのこと、夏でも冷房が直接あたるの をさけて、服装に気をつけたり、ひざ掛けを使うなどしましょう。 しかし、関節の炎症が激しいときなど、患部をあたためてしまうと余計に痛みが増してしまうことがあります。 「温める」と「冷やす」を使い分けて、できるだけ痛みなく生活できるよう工夫しましょう。

リウマチによる関節破壊は、「発症後早期に進行する」ことがわかってきました。つまり、発症から1年以内に関節破壊が急速に進行するため、早期発見・早期治療の重要性が叫ばれています。ところが、初期のリウマチは診断が難しいことも多いのが現状です。ですから、関節が痛み、「これはリウマチ?」などと感じたら、まずは経験豊富な専門の医師に相談することが望ましいと言えます。