個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
診療科目のご案内>専門分野>「嚥下体操」をやってみよう!〜食事中のムセ、咳込み、気になりませんか?〜
「昔に比べて、食事中にムセることが多くなった・・・」
これは、ご年配の方からよく聞かれる言葉です。
“食べ物や飲み物が気管に入りかかるとムセる”というのは誰もが経験済だと思いますが、
どうして高齢になるとこれが起こりやすくなるのでしょう。
「嚥下」と「誤嚥」
「軽いムセ」は予防できる?
「嚥下体操」とは?
おわりに〜気になる症状はご相談を!〜

「嚥下」と「誤嚥」

水や噛み砕いた食べ物、唾液などを『ゴックン』と飲み込むことを『嚥下』といいます。嚥下によって、食べ物などは口からのどを経て食道へと送られていきますが、これが誤って気道の方へ入ってしまうのが『誤嚥』です。
 どうしてこんなことが起こるのでしょう。
 人間の口やのどには、いくつもの筋肉があり、協力して動いています。そのため、筋力が低下したり、筋肉同士が上手く協力できなくなったりすると、口やのどの動きが悪くなります。そうすると、食べ物が入ってきてもそれにタイミングを合わせて嚥下することができず、結果、ムセが起こることになるのです。
 このように、嚥下が困難になる状態を『嚥下障害』と呼びます。

「軽いムセ」は予防できる?

 『嚥下障害』の原因は、脳卒中やパーキンソン病などの疾患や、認知症などです。
しかし、大きな病気がなくても、高齢になると嚥下機能は低下しやすくなります。この場合、症状は少しずつ現れてくることが多く、「そういえば昔と比べて、食事中にムセることが増えたなぁ」「他の食べ物は大丈夫なんだけど、水を飲む時だけ時々ムセるのよね……」といった自覚がみられるようになります。こういった初期のムセは、少しの心掛けで防止できると言われています。
  その方法の1つが『嚥下体操』です。

「嚥下体操」とは?

 ひとことで言えば『食事の前の準備体操』です。運動をする前にラジオ体操をするようなものだと考えてください。
 『嚥下体操』の目的は、口やのどの緊張を緩和し、食事に対する心構えをつくることです。また、口を動かすことで唾液の分泌を促進し、食べ物を飲み込みやすくする効果も期待できます。
  ゆっくりと、リラックスして行いましょう。

PDFデータはコチラ   

他にも、『軽いムセ』の防止には次のような方法もあります。

@食事に集中する
飲み込みに意識を集中すると、ムセにくくなると言われています。
具体的には、次のような方法が挙げられます。
・食事の時はテレビを消す
・飲み込んでから話す(口の中にものを入れたまましゃべらない)

A食事前に小さい氷のかけらを舐め、溶けた水を嚥下する
氷を舐め溶かした水を、少しずつ嚥下します。
口の中を湿らせることで、のどの通りが良くなります。また、口の中と温度差のあるものが口やのどに触れることで、「これから食事だ」という『心』と『体』の構えができます。


おわりに〜気になる症状はご相談を!〜

 このページでは、加齢による嚥下機能の低下と、その対処法としての『嚥下体操』についてご紹介しました。
 『嚥下障害』と一口に言っても、その症状は様々です。障害の程度が重い方には、嚥下体操だけでなく実際の食事に関しても色々な工夫が必要となります。また、誤嚥する量が多くなると、誤嚥した食物や唾液に含まれた細菌が肺へ入り、『誤嚥性肺炎』を引き起こす可能性があります。他にも、ムセが多いと食べることが嫌になり、拒食から栄養失調へと繋がることもあります。
当院では、食事や飲み込みに関する専門の職員を配置しております。ご心配がおありの方は、是非医師を通じてご相談ください。
トップへ戻る

お問合せは、下記電話番号または、メールアドレスまでご連絡下さい。

 
内視鏡検査問い合わせ電話 内視鏡検査メール
 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.