個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
診療科目のご案内専門分野 > STOP!糖尿病について
▼糖尿病を知る  ▼血糖値と糖尿病について  ▼糖尿病治療の目的  ▼糖尿病の診断について  ▼話題の新薬
糖尿病を知る
 日本において、糖尿病の人は約950万人いると推定されており、糖尿病患者はさらに増加し続けるといわれています。しかし、糖尿病の初期ではほとんど自覚症状がないため、直ちに治療を始めようとは思われない方が多いようです。糖尿病を放置していますと、最終的には失明・人工透析などにいたります。糖尿病が原因による失明や人工透析は年々増加しています。
 また、脳梗塞・心筋梗塞なども糖尿病があると非常に起こしやすくなりますし、最近では認知症の頻度も糖尿病があると増加することがわかっています。これらは個人の生活の質に対して大きな影響をあたえます。
 さらに、糖尿病の合併症が増えると経済的負担も増します。こうした点からも「糖尿病の疑いがある」といわれた時点で治療を開始し、受診を継続することが、生活の質を維持する点でも経済的な点からももっともよいと思われます。
血糖値と糖尿病について
 血糖とは血液中に含まれている(ブドウ)糖のことです。血糖の主要な原料は、食べ物として取り入れる糖質食品です。  糖質食品は糖分を主成分とする食品のことで、炭水化物ともいわれます。具体的には、ごはんや麦、そばなどの穀類とその加工品であるパン、麺類、あるいはいも類といった、おもに主食として食べているものです。また、果物も糖質食品です。
 糖質食品は消化されて最後にブドウ糖となり、腸から吸収され血液中に入ります(血糖のことです)。血糖の一部はすぐに筋肉や脳の細胞のエネルギーとして利用されます。残りは、肝臓でグリコーゲンとして蓄えられます。からだを動かし糖を消費すると血糖が減りますので、肝臓はグリコーゲンを糖に分解して、血液中に供給します。肝臓で蓄えられる量よりも多いブドウ糖は脂肪になり、全身のさまざまな場所に蓄積します。血液のなかの糖は、全身の細胞に入りエネルギーとして使われます。血液から細胞の中に糖が入るときにインスリンが必要となります。インスリンがうまく働かないと細胞の中に糖が入っていかず、血液中に糖があふれかえった状態が糖尿病ということになります。
 血糖値は、血液のなかに糖がどれくらい含まれているかを表す数値です。単位はmg/dl(ミリグラム/デシリットル)で、血液1デシリットルに血糖が何ミリグラム含まれているか、その濃度で表します。  正常値は、早朝空腹時で110mg/dl未満とされています。しかし、100mg/dl以上の方の中にも、まれに糖尿病の方がおられるようですので、詳しい検査を受けることをおすすめします。
糖尿病治療の目的
 糖尿病を治療していく上での最終目標は、「健康な人と変わらない日常生活の質の維持、健康な人と変わらない寿命の確保」です。極端な話をすれば、糖尿病の方が死ぬ間際になって、「私は、糖尿病によって苦しむことはなかったし、寿命も縮められなかった」と感じることができれば、その方の糖尿病の治療はうまくいったと判断できるということになります。
 糖尿病が原因で寿命を縮めたり、生活に支障を来すものとして、糖尿病合併症があげられます。  糖尿病合併症としては、三大合併症である糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経症や動脈硬化による脳梗塞、心筋梗塞、足壊疽などが代表的です。さらに、最近では歯周病も糖尿病合併症の一つとして考えられるようになってきました。糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経症は血糖値が高い状態が長期間続くことにより発症、進行すると考えられています。脳梗塞、心筋梗塞などの動脈硬化性疾患は、糖尿病に肥満(内臓肥満)、高血圧、高脂血症が伴うと発症しやすくなります。したがって、糖尿病治療は血糖値を良好にコントロールするだけではなく、肥満(内臓肥満)、高血圧、高脂血症も併せて良いコントロール状態にする必要があります。糖尿病合併症の発症や進行をおさえ、「健康な人と変わらない日常生活の質の維持、健康な人と変わらない寿命の確保」が達成できる事を祈っています。
糖尿病の診断について
 糖尿病は血糖値の高い状態が続く症候群であり、高血糖状態が長期間続くとさまざまな不具合(糖尿病合併症)がでてきて、日常生活に大きな影響が出てくることがあることを前回お話ししましたが、今回は糖尿病はどのようにして診断されるかお話しします。
 糖尿病の診断は、糖尿病合併症がでてくる可能性が高くなる値を基に設定されています。実際には、糖尿病と診断するためには以下の基準を用いて診断します。

 1. 空腹時血糖値が126mg/dl以上、ブドウ糖負荷試験2時間後の血糖値が200mg/dl以上、血糖値が200mg/dl以上のいずれかが、別の日に行った検査で2回以上確認できれば糖尿病と診断してよい。血糖値がこれらの基準値を超えても1回だけの場合は糖尿病型と呼ぶ。
 2. 糖尿病型を示し、かつ次のいずれかの条件がみたされた場合は、1回だけの検査でも糖尿病と診断できる。

 (1) 糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)がみられる。
 (2) ヘモグロビンA1c(血糖値の平均を示す数値)が6.1%以上(JDS値)である。 ※NGSP値では6.5%以上
 (3) 確実な糖尿病網膜症が存在している。  正常な方は、空腹時血糖値が110mg/dl未満で、かつブドウ糖負荷試験の2時間血糖値が140mg/dl未満です。また、ヘモグロビンA1cは5.8%未満(NGSP値)を示すことが多いです。正常でも糖尿病でもない場合は境界型糖尿病と診断されます。

 検診などを受けられて血糖値が気になる方は、医療機関にご相談されることをおすすめします。
糖尿病の「体重減少が期待できる」話題の新薬はコチラ



血糖を連続的に自動的測定する新しい機器「CGMシステム」導入のご案内
各専門分野のドクター紹介はコチラ
 
 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.