個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
 診療科目のご案内専門分野 > 頭痛めまいセンター(めまいについて)
頭痛の種類
頭痛は一次性頭痛(他の病気がなくて頭痛がくる場合)と二次性頭痛(他の病気のために頭痛がくるもの)にわかれます。まず、わかりやすい二次性頭痛から説明します。
二次性頭痛について
◆二次性頭痛は頭などを含めてもともと体に病気があり、そのために頭痛がくるものです。
くも膜下出血、脳出血、脳梗塞の一部、脳腫瘍、脳膿瘍、脳血管解離、脳微小血管接触症候群、蓄膿症、鼻中隔弯曲症の一部、緑内障の一部、ヘルペス感染、頚椎疾患、など数えきれないぐらいあります。
これらは画像診断や諸検査で診断することが可能であり、元の病気の治療を行うことにより頭痛も改善します。これらの病気の中には命にかかわる頭痛も含まれるため、頭痛を訴えて受診された方には、まずこれらの二次性頭痛ではないかどうかを調べます。
一次性頭痛について
◆一次性頭痛は他の病気をもっていない頭痛です。
一次性頭痛は画像や検査で異常がないということが前提となるため、問診や診察によって
初めて診断できます。従って、診断・治療には医師の経験や力量が必要となります。
一次性頭痛の種類
血管性片頭痛 脳の血管が一時的に広がりその後、狭くなるため頭痛が生じると言われています。典型的な症状は頭痛の前に目の前にぎらぎらしたものがみえる(血管が広がっている時期)。
→数分して頭痛がある。その後、目の見える範囲が狭くなる(血管が狭くなっている時期)。→頭痛の後、寝て起きると楽になっている(血管の太さが元にもどっている)。という経過をたどります。頭痛の際に吐き気があり、時に吐くこともあります。頭の片方が痛くなることが多いです。目の症状を欠くこともありますが、本人は頭痛の来る前に何となく体の変化を感じることが多いです。頭痛の回数は月に数回であり、ズキズキした、拍動痛を訴えることが多いです。

筋緊張性頭痛 肩こり(本人が気づいていない場合もある)などにより、筋肉が固くなって、筋肉の間を通る神経を刺激して痛みがきます。特徴は頭を締め付けるような痛み、頭に何か乗っているような頭痛がずっとあります。吐き気もありますが、実際に吐くことは少ないです。眼精疲労(パソコン、編み物、スマートフォン、読書を長時間行うこと、合わない眼鏡をすること)などでも生じます。日常の姿勢、寝方(枕)も影響するため、生活習慣の改善も必要になります。
群発頭痛 まだ原因は定かではありませんが、年に数回の頻度で、片方の目の後ろが痛みます。頭痛の際に涙が出たり、まぶたが下がったりします。頭痛は非常に激しく、多くの方は吐き気を伴います。頭痛はいったん生じると数週間から一か月程度続くため生活に支障をきたすことがあります。ズキズキとした痛みです。また、症状が激しいため、本人はもとより家族の方の負担も大きいです。
他には、睡眠時無呼吸症候群や歯の病気、顎関節症、心因性、ホルモンバランスの変化などでも頭痛が生じます。時に頭皮の痛みを訴えられる方がおられますが、これも片頭痛に類似した疾患と考えられています。また、長年頭痛をもたれているかたは頭痛薬による薬物乱用性頭痛を生じていることもあります。
  当科では頭痛に関して、薬物療法、生活指導などを含めて治療致します。他院で治療効果のない方も多数来院されております。安心して受診してください

脳神経外科の受診可能日はコチラ



 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.