個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
診療科目のご案内>専門分野>禁煙外来(きんえんがいらい)
禁煙外来(きんえんがいらい)
タバコの有害性については、肺癌や食道癌、膀胱癌など全身の癌との関連性が明らかにされています。また、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器系の病気を引き起こします。  COPDは進行性で、タバコを吸い続けた場合には呼吸不全となり、普通の生活すらできなくなる可能性もあります。一方、タバコは動脈硬化を促進し、虚血性心疾患や脳卒中の危険性を高めます。  胃潰瘍や歯周病にもかかりやすく、妊娠中に喫煙すると流産などの確率が高くなります。  受動喫煙によっても、肺癌や心筋梗塞、脳卒中の確率が高くなると報告されており、子供の気管支喘息の発症や学習能力の低下にもつながるとされています。  家族にタバコを吸う人がいる場合は、タバコの有害性を話し合って、禁煙をすすめましょう!  当院では、タバコに対する依存性の強い方に対しては、ニコチンパッチやニコチンガムなどのニコチン代替療法を使って、確実に禁煙する治療法を実施しています。
 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.