個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
診療科目のご案内>専門分野>アレルギー性鼻炎(びえん)
アレルギー性鼻炎(びえん)
 アレルギー性鼻炎は、鼻粘膜の・型アレルギー疾患で、原則的には発作性反復性のくしゃみ、水性鼻漏(鼻水)、鼻閉(鼻づまり)を三大症状とします。  診察室ではまず問診、視診を行ったのち、鼻汁細胞検査、血液検査、皮膚テストなどを施行し、重症度の判定と原因となる抗原を決定します。  アレルギー性鼻炎は遺伝的素因も重要で、遺伝的素因とは、すなわちIgE抗体を産生しやすい体質のことです。  アレルギー性鼻炎の原因抗原の大部分は吸入抗原で、ハウスダスト、ダニ、花粉、真菌類などが抗原となっています。  ハウスダスト・ダニによるアレルギー性鼻炎の患者さん10人を10年間追跡するとそのうち1人しかアレルギー性鼻炎が改善していないという報告があります。  このように自然治癒は難しい病気ですので、環境の整備に気をつけるとともに、日常生活に支障がない状態を目標に最小限の薬で治療しましょう。  ハウスダストおよびスギ花粉によるアレルギー性鼻炎に対しては根治療法として減感作療法があります。  減感作療法は原因となるアレルギーの原因物質を低濃度のものから少量づつ体に注射して体の抵抗力をつけていく治療で、最低2年継続することにより完治も期待できます。

ケース1 (口腔アレルギー症候群)

質問
   リンゴを食べると唇や口の中がかゆくなるのですが、リンゴによるアレルギーでしょうか?

回答
 特定の果物や野菜を経口接種後、1時間以内に口の周りやのどに、かゆみや腫れなどの症状がおこる食物アレルギーがあり、これを口腔アレルギー症候群と呼んでいます。  口の周りやのどの症状以外にもじんましんや腹痛、吐き気、呼吸困難、まれにショック症状を起こすこともあります。  リンゴ以外の果実でもアレルギー症状がおこるため果物過敏症とも呼ばれます。  花粉症、特にシラカンバ花粉症の人は、口腔アレルギー症候群になる確率が高く、これはシラカンバ花粉とリンゴ等のバラ科の果物がアレルギーを引き起こす抗原物質を共通して持っているためです。  シラカンバ花粉症の人ではモモ、サクランボ、洋ナシ等が、ブタクサ花粉症ではメロン、スイカ等が原因食品となることもあります。  口腔アレルギー症候群に特効薬的な治療はないので基本的には「食べないこと」ですが、抗アレルギー薬を一定期間服用すれば症状が出なくなる場合もあるようです。  誤って食べてしまい症状が強いときには、注射や内服薬での治療が必要ですので、すぐに病院を受診して下さい。  果物、野菜などを摂取後、1時間以内で口腔の刺激感や舌の違和感が出現し、ひどいときには呼吸困難等の全身症状にまでいたることがあります。
ケース2 (アレルギー検査 - IgEや特異IgE)
質問
 アレルギー検査のなかで、IgEや特異IgEについてどういうものか教えて下さい。
回答
 IgEというのは、免疫グロブリンEという物質の英語(略称)で、この物質は、アレルギー反応の橋渡しをします。  ダニやほこり、卵などのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が直接体に有害な反応をおこすのではなく、IgEに代表されるような免疫物質が橋渡しをして、アレルギー反応をおこします。  このIgEを多く作り出す人ほど、アレルギー反応をおこしやすいという特徴があり、IgEは、乳児であれば10〜20以下、成人でも全くアレルギーの無い人は100以下です。すなわち、この物質の量を測定することにより、アレルギー体質の度合いがわかるといえます。  必ずしも、数値の高い人が重症というわけではありませんが、経過のよい人は、徐々にではありますが数値も下がってくることもあります。また、IgEには、それぞれ担当が決まっていて、あるアレルゲンとだけ結びつくような性質があります。  ですから、卵白と結びつくIgE、ダニと結びつくIgEというふうに相手を指定して検査をすれば、どのアレルゲンと結びつくIgEが多いのかを調べることができます。  つまり、何に対してアレルギーがあるのかを調べることにつながります。 このように、相手の決まっているIgEを特異IgEといいます。  なお、アレルゲンによって、また年齢によって、結果の解釈がかなり異なりますので、数値が高いというだけでなく症状がどうであるかも考慮にいれて、患者さんに指導をさせていただきます。
 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.