個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
診療科目のご案内>専門分野>呼吸リハビリ(こきゅうきりはびり)
呼吸リハビリ(こきゅうきりはびり)







 

 呼吸リハビリは、呼吸器に障害をもつ患者さんに対して可能な限り残存呼吸機能を回復させ、患者さん自身が自立できるように継続的に支援していくことを目的とします。  リハビリを実施する前に問診、診察、全身評価を行い、患者さん個々の問題点を抽出してプログラムを作成します。  基本的なプログラムの内容は、呼吸補助筋の緊張をときほぐすリラクゼーション法、効率のよい呼吸パターンを身につける呼吸練習、呼吸筋力トレーニング、呼吸介助、排痰ドレナージ法、全身持久力トレーニングなどがあります。  また、日常生活のどのような動作において息切れが生じやすいのか分析し、息苦しさを和らげる日常動作の工夫や息が切れの対処法などについても指導をします。  その他、在宅酸素療法の管理指導、インフルエンザ・肺炎球菌ワクチンによる感染予防対策、栄養指導など、医師、看護師、理学療法士、薬剤師、栄養士等など様々な職種が連携をとりながら実践します。

質問
 呼吸器のリハビリテーションを受けられると聞きましたが、どのようなリハビリをおこなうのでしょうか。
回答
  呼吸リハビリテーション(呼吸リハビリ)は呼吸器に障害をもつ患者さんに対して可能な限り残存呼吸機能を回復させ、日常生活の行動能力を高め、生活の質の向上をめざすものです。  理学療法の項目としては口すぼめ呼吸や腹式呼吸などの呼吸法、呼吸体操、リラクゼーション法、全身持久力トレーニング、筋力増強、呼吸介助、自己排痰法などがあり、個々の症状に合わせて呼吸不全の自己管理ができるようプログラムを作成します。  残された肺の機能や呼吸筋を最大限に使い、上下肢の筋力の強化、呼吸困難を改善し、活動量を維持・改善することが主な目的となります。  呼吸は大きく分けて腹式呼吸と胸式呼吸があります。腹式呼吸は息を吸うときに腹部が膨らむ呼吸法、胸式呼吸は胸が膨らんだり、肩が上下する呼吸法と考えてください。腹式呼吸のほうがより多くの空気を少ない呼吸数で体内に取り込むことができるため、効率のよい呼吸です。  しかし、慢性呼吸障害を持つ方は息切れのため、速く、浅い呼吸をしていることが多く、この胸式呼吸をしているために余計に息が切れてしまいます。効率の悪い胸式呼吸を日常的にしていると、呼吸筋が疲労してしまいます。  そして、首や肩の筋肉が緊張し、首が回りにくくなったり、肩が凝ったり、胸が硬くなります。このような筋の緊張状態を和らげるためにリラクゼーションや呼吸体操をします。  呼吸法の修正とリラクゼーションで十分なのではなか、息切れがあるのになぜ運動しなければいけないのかと疑問に思われるかもしれません。  慢性の呼吸障害を持つ患者さんでは、長い経過の中で息切れ→活動性の低下→筋力の低下が起こってきます。じっとしているため食欲が低下し、体重減少と筋萎縮が促進されるので、労作時の呼吸困難に拍車がかかり、悪循環に陥るのです。  この悪循環を断ち切るには呼吸リハビリが必要です。  医師の内科的治療に加え、上記の理学療法プログラムを個々に応じて作成、実施し、さらに看護師や栄養士の介入を加えることで呼吸器障害に対して包括的な治療ができます。
質問
 咳、発熱のため病院を受診したときに、レントゲン写真で肺に白い影がありカビアレルギーと言われました。どういう病気なのか教えてください。
回答
 夏場に咳、発熱が続き、レントゲン写真で肺にスリガラス様の白い影が見られるのであれば夏型過敏性肺臓炎の可能性があります。  夏型過敏性肺臓炎は夏かぜと間違えられやすく、症状が進行すると息切れ、呼吸困難も出現してきます。   原因としては腐った木などに増殖するトリコスポロンと呼ばれるカビの一種で最もよく起こることが分かっています。  聞いたこともないカビと思われるかもしれませんが、一般家庭の台所、洗面所、風呂場の水まわりなどの湿気を含んだ木の腐りやすいところに時々繁殖しているカビです。  鼻から吸い込まれカビが肺に侵入しアレルギー反応を引き起こします。軽症であれば自宅から離れるだけで症状は軽快しますが、中等症以上ではステロイドという薬を使って治療をします。  治療を受けないで長くそのままにしておくと肺線維症という肺が小さくしぼんでしまうような病気につながることもあります。  原因であるトリコスポロンは高温・多湿を好むため、発生は梅雨の長い西日本に多いようです。 予防はカビを繁殖させないように、家の隅々まで風通しを良くし、もし腐っている材木を発見したら、取り除いて補修することが大切です。
 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.