個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
診療科目のご案内>専門分野>COPD・慢性閉塞性肺疾患

COPD・慢性閉塞性肺疾患

COPDはChronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略で、日本語では「慢性閉塞性肺疾患」と呼ばれ、咳や痰が続いて気管支が狭くなる「慢性気管支炎」と、肺胞構造が破壊されて息切れを起こす「肺気腫」の二つの病態からなります。  別名「タバコ病」ともいわれるように、最大の原因は喫煙で、患者の90%以上は喫煙者です。  診断は「スパイロメトリー検査」によって行います。  息を深く吸い込んで思い切り最後まで吐き出した量が努力肺活量ですが、最初の1秒間に吐き出す息の量が努力肺活量に占める割合(1秒率)を計測します。  この1秒率が気管支の開き具合の目安になり、70%以下の場合にCOPDと診断されます。  COPDの薬物治療は、収縮した気道を広げて呼吸を楽にする気管支拡張薬が中心で、抗コリン薬、β2-刺激薬、テオフィリン薬などがあります。  重症例では吸入ステロイド薬をさらに併用し、症状の改善が最も認められた治療内容を長期間継続します。 ケース1 (COPD-慢性閉塞性肺疾患-について)
質問
 風邪を引いていない時でも、慢性的に咳や痰が出ます。  なぜでしょうか。
回答
 「風邪でもないのに、咳や痰が毎日続く」「階段や坂道を昇ると、息切れがする」もしも、このような症状があれば、COPDの疑いがあります。  COPDは、Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略で、日本語では「慢性閉塞性肺疾患」と呼ばれ、咳や痰が続いて気管支が狭くなる「慢性気管支炎」と、肺胞構造が破壊されて息切れを起こす「肺気腫」の二つの病態からなります。  別名「タバコ病」ともいわれるように、最大の原因は喫煙です。患者の90%以上は喫煙者です。タバコや職場環境などで有害な粒子やガスを吸い込み続けると正常な肺の組織が破壊されて、元に戻らなくなってしまいます。  気管支喘息でも気管支が狭くなって同じような症状が起こりますが、治療によって元の状態に戻りやすく、発作の時以外には症状が目立たないのが特徴です。  COPDは世界の死亡原因の第4位で、日本でも40歳以上の8.5%、530万人以上の潜在患者がいると推測されています。しかしながら、実際に治療を受けているのはそのうちの5%にすぎません。  タバコを吸っている人の20%くらいがCOPDになると考えられていますので、中年期以降の喫煙者は特に気をつける必要があります。  また、タバコを吸わない人でも4.7%がCOPDにかかっています。これは、職場や家庭での受動喫煙の危険性を示唆しています。  さらに最近の調査では、同じ喫煙量であれば、女性の方がかかりやすく、重症化しやすいとも報告されています。  診断は「スパイロメトリー検査」によって行います。息を深く吸い込んで思い切り最後まで吐き出した量が努力肺活量ですが、最初の1秒間に吐き出す息の量が努力肺活量に占める割合(1秒率)を計測します。この1秒率が気管支の開き具合の目安になり、70%以下の場合にCOPDと診断されます。  タバコを吸い続けている方、吸ったことのある方は、この検査を受けてみることをおすすめします。  画像診断では、「胸部CT検査」が有用です。画像の中で黒くて丸く抜けたところが、肺胞構造が破壊されて空洞様になってしまった部分です。こうした変化が肺気腫です。COPD患者では肺がんの合併率も高いので、CT検査も併せて受けることをおすすめします。
ケース2 (COPD-慢性閉塞性肺疾患-の治療)
質問
 COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療方法には、どのような方法がありますか。
回答
  COPDは進行性の病気です。健康な人でも、年齢とともに肺機能は少しずつ低下していきますが、COPDにかかると、肺機能の低下スピードが速くなります。残念ながら、一度壊れてしまった肺胞は、元には戻りません。  もしも、咳や痰、呼吸困難感などの症状を放置すれば、病気が進行して呼吸不全となり、普通の生活すらできなくなる可能性があります。治療の目標は、今よりも病状を悪化させないことです。まずは禁煙です。  禁煙後2年で、肺機能の低下は非喫煙者とほぼ同じになると言われています。  タバコに対する依存性の強い人は、ニコチンパッチやニコチンガムなどのニコチン代替療法を使って確実に禁煙する方法もありますので、専門医と御相談下さい。  COPDの薬物治療は、収縮した気道を広げて呼吸を楽にする気管支拡張薬が中心です。種類としては、抗コリン薬、β2-刺激薬、テオフィリン薬などがあり、抗コリン薬が最も有効です。  近年開発された長時間作用型抗コリン薬は、1日1回の吸入で持続的に気管支拡張効果が得られ、COPDの安定期の管理に適しています。  なお、抗コリン薬は、緑内障や前立腺肥大症の患者さんでは使用できないことがあります。  β2-刺激薬には即効性があり、運動時の息切れや咳がつらい時に、発作止めの吸入薬として用います。  また、1日2回定期的に吸入を行う長時間作用型の吸入薬や、1日1回貼付するテープ薬では持続的な気管支拡張効果が得られます。  動悸などの副作用が起こることがあり、高血圧や狭心症などの患者さんでは注意が必要です。  テオフィリン内服薬でも同様の気管支拡張効果が認められますが、高齢者や代謝機能が低下した患者さんでは、血中濃度が高くなって中毒症状を起こす場合があるので注意が必要です。  COPDの患者さんでは、風邪などをきっかけに症状が重症化することがあり、急性増悪と言います。急性増悪を繰り返す場合には吸入ステロイド薬をさらに併用することで、増悪の頻度を減らせる可能性があります。  要約しますと、抗コリン薬を中心に、自覚症状や肺機能の改善効果、副作用の有無を評価して、積極的にβ2-刺激薬、テオフィリン薬、吸入ステロイド薬を併用します。  症状の改善が最も認められた治療内容を長期間継続します。患者さん一人ひとりで治療反応性は異なるため、担当医とよく相談しながら治療を行うとが重要です。
 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.