個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
診療科目のご案内>検査のご案内>CT検査(16列型マルチディテクタCT)
CT検査(16列型マルチディテクタCT)
CT検査(16列型マルチディテクタCT)について

 異常が疑われた場合の精密検査として受けます。下山記念クリニックでは専門の診療放射線技師による16列型マルチディテクタCTを用いたCT検査を受けていただくことができます。

検査方法・検査内容

 Computed Tomography(コンピュータ断層撮影)の頭文字をとってCT検査といわれています。体のまわりを回転させながらX線を照射し、得られた情報をコンピュータが処理し、断層画像(体を輪切りにしたような画像)にして、体内の様子を詳しく調べる検査です。検査は、ベッドに横になったまま、ガントリーというドーム状の装置の中に入って受けます。
体の全ての部分を撮影することができるので、脳梗塞(のうこうそく)や脳出血など頭蓋内の異常や病気をはじめ、肺や肝臓、腎臓、胆のう、膵(すい)臓など、全身の様々な部位の精密検査として行われています。CTだけで診断が出来る場合もありますが、通常は超音波検査や血管造影検査といった他の画像検査と組み合わせて診断します。更に、CT検査は、骨や軟骨などの病変部の診断などでも使われます。

従来のCT検査

 これまでのCTでは、撮影したい断面にその都度、位置を合わせ断面を撮影する必要がありました。この為、多くの断面像を撮る際は、比例して撮影時間が長くなりました。また、呼吸による体動(息を吸ったり吐いたりすると臓器が動いてしまう)の影響で位置がずれ、画像が鮮明に撮れないという欠点がありました。これらの欠点を改良したスパイラルCTがあります。近年では、スパイラルCTを更に改良し、より検査時間の短縮と鮮明な画像を撮影することができるマルチディテクタCTが登場しました。

CT検査(16列型マルチディテクタCT)の特徴

 例えば、通常のCTで胸部を撮影すると、20〜30秒かかっていましたが、16列型マルチディテクタCTは、目的とする部位を一回の呼吸停止(6秒程度)の間に撮影することが可能です。短時間で撮影を行うことが出来るため、体動の影響も少なく、患者様の負担を大幅に軽減できるようになりました。撮影時間を短縮することで、撮影時の放射線の被曝量も低減しました。
画像に関しては、患者様の周囲360度からX線をあて、その結果をコンピュータ処理することにより、その部分の断面像を作成します。得られた画像より3D(立体)画像も作成できます。病変を的確に捉える鮮明な断面像や3D画像は、診断精度の向上に役立っています。

診断可能な疾病

 脳梗塞(のうこうそく)、脳出血、くも膜下出血、動脈瘤(どうみゃくりゅう)、頭部外傷のほか、肺がん、肝がん、腎がんなどあらゆる臓器の腫瘍(しゅよう)など。

放射線科検査の予約方法 - 放射線検査(CT単純及び造影)

 まず、直接当院へお電話(TEL:082-424-1121)で予約申込をして下さい。

 次に、検査予約申し込み票(xlsファイル)に検査希望日及び予約内容を記入後、FAX(FAX:082-424-1120)にて送信して下さい。

 申し込み後、5〜10分で「CT検査予約券」をFAXにてご返信させていただきます。患者様には検査当日に「CT検査予約券」「紹介状(診療情報提供書)」を持参させて頂きますように、先生よりご案内して下さい。

 2〜3日後、診断結果をFAX又は郵送にて先生へご返送させていただきます。

※お願い FAXのみでの申し込みは受付できませんので、必ずお電話での予約申し込みをお願い致します。電話予約は9時から17時までとさせていただきます。また、水曜日午後の検査は予約を受付けておりませんので、ご了承下さい。

 

 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.