個人情報保護法 ◆サイトマップ
〒739-0041 東広島市西条町寺家7432-1
診療科目のご案内>検査のご案内>ポリソムノグラフィー(睡眠時無呼吸精密検査)
 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。
主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。また、SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります。
さらに、SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。




クリックすると拡大します
問診
 睡眠時無呼吸症候群の診断をする上で重要なのは外来時の問診です。生活習慣や眠気の程度、合併症などについてお聞きします。
無呼吸は夜寝ているときに起こるので、本人には分からないこともあることから、出来ればベッドパートナーに同席を頂く方がより的確に状態を知ることができます。
検査
 無呼吸の原因や重症度を調べたり、治療方法を決定するために欠かせない検査です。この検査は睡眠の状態や呼吸の状態などを総合的に調べるため、一泊入院して頂きます。
脳波や心電図、血液中の酸素量などを測定するためにセンサー類を体に取り付けて行います。この検査には痛みは無く、いつもと同じように眠っていただけます。また夜間のみの検査ですのでお仕事を休むことなく実施できます。
診断
 ポリソムノグラフィーの結果により、診断を行います。
治療
 睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、患者さんにあった治療法を決定します。
 
 

病院のご紹介
Copyright (C) 2012 Shimoyama Memorial Clinic.All rights reserved.