新着イベント&ニュース 2016年1月



TSS「忘れられない患者〜”心の病気”と向き合う〜」に西村Drが出演しました。


下記の通り、医療法人好縁会 精神科医 西村Dr がテレビ出演しましたので、お知らせいたします。
日 時   2016年1月28日(木) 17時54分~19時00分
放送局   TSS
番組名   「みんなのテレビ 忘れらない患者〜”心の病気”と向き合う〜」
出 演   医療法人好縁会 精神科医 西村 豊


詳しくはこちら
http://koenkai-gr.jp/medical/central-clinic/seishin.html

東広島市西条町・広島市東区戸坂においての新規事業展開について


 2016年夏にグループホームふれあい西条北、グループホームふれあい戸坂東
 2017年には、サービス付き高齢者向け住宅「ふれあいホーム(仮)」と定期巡回・随時対応型訪問介護「ふれあいケア24(仮)」がオープンする予定です。

2016年2月より職員向けeラーニングシステムの公開を開始しました。


法人内において研修を受ける機会がありますが、1度研修を受けただけでは、なかなか覚えられなかったり、捉え方が違っていたり、忘れてしまったりすることがあるかと思います。
 せっかく受講した研修内容を、事業所で活かせる知識・技術として、しっかり自分のものにしたい、また、受講したかったけどできなかった研修を勉強したい、という職員さんの自主学習応援システムとして、eラーニングを導入しています。
 そのほか、確認テストにチャレンジ、合格するとポイントを取得できます。


詳しくはこちら
http://koenkai-gr.jp/wordpress/elearning/

2016年 新年のごあいさつ


皆様方には、益々ご健勝の由お慶び申し上げます。
さて、わが国は、これまでどの国も経験していない少子高齢化・人口減少社会を迎えようとしています。こうした中、重度な介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるという、地域包括ケアシステムの構築が求められています。
 
すなわち、医療、介護、予防、生活支援、住まいが切れ目なく提供されることが期待されており、好縁会としては医療と介護の連携をより一層強固なものとして、地域包括ケアシステムの要となるべく努力を続ける所存です。
 
地域包括ケアシステムを充実させるための一環として、好縁会は今年度、広島市東区でグループホームを、東広島市でグループホームとサービス付き高齢者向け住宅と、新たに3施設の開設を予定しています。
 
今までのノウハウを存分に活かすとともに地域に根ざした運営を心がけていきたいと思います。
 
その前段階として昨年は、好縁会の介護事業の根幹となる介護技術、介護理念をよりブラッシュアップするために教育研修の体制を大きく改革しました。ご利用者様一人ひとりに合わせた最善の介護を追求して、科学的根拠に基づいたさまざまな介護方法を検討しなおしました。その結果、ご利用者の様々な状況に対応していくため、多くの介護技術を導入することが可能となりました。教育研修の中核をなす教育研修部はこれを機会に大きな変革をとげ、来るべき超高齢者社会に向けてよりパワーアップした活動を行いたいと考えています。
 
介護する側の自己満足でなく、真にご利用者さまの満足を追求する介護を提供して、その人らしい毎日が送れるように、 好縁会は進歩を続けていきます。
 
皆様方からのご指導ご鞭撻を今後もよろしくお願いします。
 
理事長 下山 直登





PAGE TOP