新着イベント&ニュース 2017年11月



沖縄での講演会のお知らせ「介護職のための認知症知識(医療初級編)」


当法人の下山理事長が沖縄県総合福祉センターにて開催された「認知症になっても幸せに生きられる社会を構築するための講演会vol.2」で「介護職のための認知症知識(医療初級編)」と題して講演を行いましたので、お知らせします。

レポート:
8月より始まりました下山先生とゲストスピーカーのジョイント講演会は、毎回少しずつ申込者が増えています。
前回(沖縄大学)の参加者数は40名あまりでしたが、今回は、直前の滑り込み、および事前連絡の行き違いで当日申込になった方を含めて、55名の参加者がありました。会場関係者からは、消防法の規定があるので、定員を守るように注意を受けましたが、主催者として超満員の結果を嬉しく受け取っております。

第1部は、下山先生の講演でした。
受講者のアンケートより、「下山先生のお話はとてもわかりやすい」「薬の説明を詳しくしていただいてわかりやすかった」「どの部分の話もわかりやすくて良かった」「アルツハイマーとレビーの大きな違いを知ることができた」「薬の効果についての部分が良かった。ただ与薬するのではなく、どのように作用しているか、知ることが大切だと思いました」という感想や、「前頭側頭型認知症について詳しく学んでみたい」という要望が出てきました。

第2部は、犬尾先生の講演でした。
在宅での看取りの実際の動画を用いて、その方の終末をともにいてお見送りすることの意味について、多くのポジティブな考え方、取り組み方を提案いただきました。ロールプレイも交えた30分余りの講演の後、受講者を数人一組ずつのグループに分けて、講演内容の振り返りや感想、最後は犬尾先生が各テーブルを回り、シェアを行ないました。
受講者からは、「私も看取りについて積極的にがんばろうと思いました」「(グループワークで)他の受講者の意見が聞けてよかった」「いろいろなケースを観ることができ安心できました。ありがとうございます」「実際の動画のパワーはすごいと思いました。言葉では表しきれない、それぞれの別れの感情が見て取れ、素直な気持ちで、在宅の看取りは素晴らしいなと思うことができました」

等の意見が寄せられました。

認知症になっても幸せに生きられる社会を構築するために、何より、直接患者さんやご家族の窓口となり、その後もフォローし続けるという重任を負う、沖縄における地域のケアマネジャーの方々の役に立て、喜んでいただけたことを確信し、心から感謝いたします。

日 時   2017年11月6日(月) 13:00~17:00
会 場   沖縄県総合福祉センター 401教室
参加費   無料
主 催   認知症ケア実践研究会 沖縄事務局


講演会のお知らせ「認知症問題を考える」


下記の通り、医療法人好縁会 下山理事長 が講師として登壇しましたので、お知らせいたします。

日 時   2017年11月8日(水) 14:00~16:00
会 場   リーガロイヤルホテル広島
参加費   無料・予約制


詳しくはチラシをご覧ください。
(クリックすると拡大します。)






PAGE TOP