医療法人好縁会 Medical Group KOENKAI

スタッフインタビューStaff Interview

個々のニーズに柔軟に対応し日々の生活をのびのびと楽しく

平佐 尚子

勤務地 グループホームやすらぎ白島
入職年 2015年
職 種 介護職

■この仕事をしていなかったら?/ブライダル関係の仕事
■趣味/ミュージカル観賞
■10年後の自分/入居者さまやご家族から一緒にいると心が穏やかになると言っていただけるような介護士になりたい

介護の仕事を選んだ理由・やりがい

高齢者と関わる仕事がしたいと思い、学校の先生に紹介していただいた場所が医療法人好縁会のグループホームでした。入居者のみなさんがゆったりイキイキと過ごす姿を見て魅力を感じたのが入職の動機です。
入職して数年経ちますが、入居者さまから料理を教えていただいたり、私の生まれる前の話をしていただいたり、教わることが多いです。みなさん認知症ですが嫌なことは嫌、あれがしたいと意思を示してくださるので、ご本人の望む生活へ近づける一方で、入浴など気の進まないこともどうお誘いしたら快く応じてくださるか考えながら支援する日々です。やはり、入居者さまの笑顔が見られることがやりがいです。

介護を通して嬉しいと感じたこと

入居者さまやご家族、同僚の職員からの「ありがとう」に支えられています。
特に入居者さまに「ありがとう」と声をかけていただくと、自分が人の役に立っている実感が涌きます。また、入居者さまとの会話も楽しみな時間。人生の先輩方に自分の知らない時代の体験談を聴かせていただけることは、貴重なことだと思っています。

今後の目標

入居者さまにより良い生活環境を提供するために、まずは入居者さまの立場になって考えて行動すること。他部署ともしっかり連携し、入居者さまのご家族とのコミュニケーションを大切にして、良い仕事につなげていきます。
「グループホームをまとめることのできる管理者」を今後の目標として、スキルを磨いていきたいと思います。