医療法人好縁会 Medical Group KOENKAI

医療法人「好縁会」のコロナウィルス感染防止対策について

世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス(COVID-19) は、今後も引き続き、ウイルスを持ち込まない、拡げないことに留意し、感染経路を絶つことが重要です。当グループは広島県と連携して対策や取り組みを進めると共に、介護事業者として十分な感染予防策を講じ、ご利用者さまとご家族が必要とされるサービスを継続的に提供できるよう努めてまいります。
皆さまのご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 介護事業者が提供する各種サービスは利用者の皆さまとそのご家族の生活を継続する上で欠かせないものであり、十分な感染予防策を前提としてできる限り運営を継続します。
  • 感染の状況によっては、今後地域を限定して事業停止の要請・指示が出される可能性があります。しかし、対象は「通所介護」や「短期入所」など一時利用の制限で、それ以外のサービスについては基本的に休止・停止を要請しない方針が示されています。
  • 事業停止の要請があった場合、感染者や濃厚接触者の状況等により当グループの別の介護・看護拠点から代替サービスを提供できるよう体制を整えてまいります。

尚、今後は厚生労働省や県からの通知に準じて対応すると共に、皆さまからのご意見をいただきながら職員・スタッフが一丸となって感染予防対策を強化してまいります。
ご意見・ご不明点がある場合は、下記の連絡先にお寄せいただくようお願いします。

管理本部/
TEL.082-424-1266
(営業時間9:30~17:30)

医療法人「好縁会」
施設内感染対策の指針

  1. 毎日全てのスタッフの検温と体調確認を行い、発熱や咳などの症状があれば自宅待機させます。また勤務中であっても症状を認めた時点で帰宅させます。
  2. ケアにあたるスタッフは、咳エチケットや手洗い、マスクの着用、室内外のアルコール消毒を徹底します。
    ※厚生労働省のリーフレット「介護施設・事業所で新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために」の内容を遵守します。pdf〈厚生労働省事務連絡資料〉
  3. ご利用者さまには自宅での検温に加え、スタッフによるサービス提供前の検温・体調確認へのご協力を願いします。
    また発熱や咳などの症状がある場合には、全身状態の観察や発熱の経過などかかりつけ医と相談しながら総合的に判断し、対応を検討させていただきます。
  4. 以下のいずれかに該当するご利用者さまには、帰国者・接触者相談センター、保健所、医療機関と連携して対応いたします。
    <「帰国者・接触者相談センター」に御相談いただく、新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安>
    • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)、高熱等の強い症状がある方
    • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状がある方
      ※糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方や免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方など
    • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く方
      (症状が4日以上続く方は必ずご相談ください。解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)


  5. スタッフおよびご利用者さまの感染または感染者との濃厚接触が確認された場合、直ちに接触状況の区分を明確にした上で、同一シフト・接触があったスタッフの14日間の自宅待機、ご利用者さま・ご家族への連絡、施設内の消毒、サービス維持のため応援職員の配置等の措置を講じます。

コロナウィルス感染防止対策の実例

医療法人「好縁会」ではご利用者様とご家族の不安を少しでも解消するために、介護事業者として高い透明性を責務とし、迅速に情報を開示するよう努めます。

●事例1 2020年4月20日 【西条デイケア】偽感染者への対応について pdf
●事例2 2020年6月 下山記念クリニックの対策 pdf