ページトップへ ホームへ
西原セントラルクリニック>> 舌下免疫療法のご案内
どんな療法なの?
 花粉症の根治治療といわれる「舌下免疫療法」という新しい治療がH26年11月にはじまりました。免疫療法は花粉症の根治療法で、これまでの「皮下免疫療法」は注射のために頻回の通院が必要でしたが、「舌下免疫療法」では月1回に薬を処方してもらいに来るだけの治療です。


当院では、花ノ木医師、下山医師が所定の専門研修を済ませ、実施準備が整っています。
治療期間はどのくらいですか?
最低3年間毎日服用する必要がありますが、皮下注射の減感作療法に比べて副反応が少ないことと、月に1回の通院だけでよいのがメリットです。
来年の花粉症シーズンに間に合わせるには、12月までに治療を開始する必要があります。

※初回導入は専門研修を終了している花ノ木医師または下山医師の診察が必須です。また、導入初日は院内の服薬30分後の体調管理が必要となりますので時間に余裕を持ってお越しください。