ページトップへ ホームへ

ご挨拶
西原セントラルクリニック >> 施設紹介 >> メッセージ
充実した検査が可能なクリニックです
 花ノ木医師は、これまで数万件にも及ぶ胃カメラ、大腸カメラを施行してきた、内視鏡検査のスペシャリストです。苦痛を最小限におさえて検査を行いつつ、質の高い診断・治療技術を提供します。
 また、下山医師は専門である呼吸器・アレルギー疾患はもちろん、糖尿病と認知症にも造詣が深く、兼務している東広島の下山記念クリニックにおいて多くの糖尿病ならびに認知症患者を診察しています。日域医師は糖尿病専門医・指導医として、長年の経験を生かし糖尿病をはじめとする生活習慣病の診療を患者様の生活スタイルや考えも考慮しながら治療することを心がけています。上野医師は外科医出身の特徴を生かし、内科的疾患だけでなく、外科的な知識や技術で幅広い疾患に対応できる、総合診療医です。西村医師は精神科専門医として患者様からの信頼も厚く、カウンセリング・心理療法・薬物療法などを使ってクリニックで対応可能な精神疾患、そして、ストレスで生じた身体の不調やうつ病の治療はもちろん、認知症の診断・治療も行います。
そして2016年4月、リウマチ科が開設されました。

 このように各領域の専門医が協力して、多様化する患者様のニーズにお応えするとともに、地域住民の方々の健康維持のお手伝いをさせていだければと考えております。
 また、入院施設やサービス付き高齢者向け住宅を併設しており、グループ内の訪問看護・介護ステーションと連携して高齢者医療にも積極的に取り組みます。
「西原セントラルクリニックがここにあってよかった」と思っていただけるように、親身の医療を心がけます。