医療法人好縁会 Medical Group KOENKAI

検査のご案内Information

充実した設備・検査機器を備え
スピーディで正確な診断を行います

上部・下部消化管内視鏡検査

一般的に「胃カメラ」「大腸カメラ」と呼ばれるもので、医師が検査します。先端にCCDカメラを装着した細いスコープで内部の出血、炎症、ポリープやがん等を直接目で見ることができ、食道・胃・十二指腸・大腸の病気の診断に欠かせない検査です。がんの発見を目的とした人間ドッグや、一般健診で異常が疑われた場合の精密検査として行います。
詳しくはこちら

肺機能検査装置

肺の容積や空気を出し入れする換気機能のレベルを調べる検査で、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患など呼吸器の病気の診断に用います。「肺の生活習慣病」ともいわれる慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、これまで慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれていた病気の総称で、たばこの煙などに含まれる有害物質を吸い込むことで肺や気管支が障害を受ける病気です。

マルチスライスCT

1mm以下の幅で輪切り画像を多数積み重ねることで、あらゆる角度・方向から、臓器が立体的に手に取るように見えるコンピューター断層診断装置です。従来のCTに較べ撮影時間が短く、さらに精密な情報が得られ、全ての臓器疾患の精密検査に有効です。西原セントラルクリニックでは、より高性能な16列型マルチスライスCTを完備しています。

睡眠時無呼吸精密検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いがある場合、まず自宅での簡易検査を行います。その結果次第で精密検査として脳波、眼球運動(眼電図)、下あごの動き(筋電図)を基本に、呼吸、心電図、血液中の酸素飽和度、前頸骨筋電図、いびきの音、睡眠時の姿勢・動きなどを同時に記録して睡眠深度や睡眠の経過、睡眠時異常行動、睡眠中の呼吸や循環の生理現象を総合的に調べるPSG(ポリソムノグラフィー)検査を行います。
詳しくはこちら

糖尿病迅速検査装置

指先からの微量な血液で過去1〜2カ月間の平均血糖値を反映するヘモグロビンA1cと血糖値を測定、数分で結果がわかる装置を完備し、速やかに治療方針の決定を行っています。
詳しくはこちら

超音波診断装置

体の表面から人の耳には聞こえない超音波を当て、体内の組織にぶつかってはね返ってきたエコー(こだま)を画像に映し出す装置で、消化器疾患や甲状腺疾患等の診療に有用です。

呼気中一酸化窒素(NO)濃度検査

吐いた息に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度を測定し、気道の炎症状態を評価。咳や痰などの症状が気管支喘息によるものかどうか診断できます。炎症状態に応じて薬の投与量を増減することも可能なため、治療の効率化にもつながります。
詳しくはこちら

心電図

心筋が収縮する時に発生するわずかな電気エネルギーの変化を記録し、波形の変化から心臓の状態や活動を推測することができます。痛みもなく、身体への負担が少ないため不整脈や心疾患の診断に活用されています。病状の把握、治療効果の確認、薬の副作用の発見などにも欠かせない検査です。

デジタルX線画像診断システム

従来のアナログX線画像では不可能だった軟部組織から骨までを一枚のレントゲンで見ることができます。さらに画像が美しく鮮明で診断精度が向上。また撮影から画面表示までがスピーディで、待ち時間が短縮されました。

インバーター式X線撮影システム

被ばく低減のため無駄なX線が少ない最新鋭のインバーター式X線撮影装置を設置しています。X線画像、エコー画像を高画質モニターで見ながら、患者さまにより詳しく、わかりやすい説明をいたします。