ページトップへ ホームへ
西原セントラルクリニック>> 頭痛めまいセンター(めまいについて)
 
めまいの種類
めまいにはぐるぐる回転するようなめまい(回転性めまい)と、ふわっと頭が浮かぶような感じがするめまい(浮遊性めまい)の2種類あります。
めまいが引き起こす病気
■耳の病気

●中耳疾患
 中耳炎・中耳手術
 中耳腫瘍による内耳障害

●内耳疾患
 メニエール病
 良性発作性頭位めまい

●前庭神経疾患
 前庭神経炎・ハント症候群
 聴神経腫瘍

■脳の病気

●脳幹・小脳疾患
 椎骨脳底動脈
 循環不全症

●大脳疾患
  血管性障害
■全身の病気

●全身疾患
 高血圧・低血圧
 起立性低血圧症
 貧血・心疾患
 動脈硬化

●頸椎異常
回転性めまい
回転性めまいについて

健康な人はめまい中枢のはたらきにより、目をつむっていても自分の体の傾きや、動きを感じることができます。しかし、めまい中枢のはたらきが低下すると、目でみえるものと自分の頭で感じるものの差が生じてめまいを生じます。

従ってめまいの際に目を開けるとさらにめまいがひどくなります。回転性めまいの時に目をみると目が左右にゆれているのがわかります。止まっているものを見ても、自分の目自体がゆれていますから、当然めまいがします。

回転性めまい
遊園地のコーヒーカップにのった後のような感じです。

回転性めまいの主な原因  耳の奥の障害(内耳障害)   脳梗塞   脳出血   脳腫瘍   薬物障害

浮遊性めまいについて

浮遊性めまいはめまい中枢の障害でも生じますが、自律神経の働きが低下して生じる場合が多いです。わかりやすい例では朝礼の時の立ちくらみと同じようなものです。しかし、時に脳疾患(脳梗塞、出血、脳腫瘍)、脊髄疾患、心疾患(不整脈)、代謝性疾患(脱水、貧血、低血糖、電解質異常)、心因性などでも生じます。特に心疾患から生じる浮遊性めまいの場合は意識を消失することもあり注意が必要です。



浮遊性めまい
めまいは以上のように脳神経外科、整形外科、循環器科、内科、心療内科などが関与しているため、めまいの診断、治療には様々な診療科を網羅するような幅広い知識が必要です。
当院ではめまいの原因を幅広く検索し、治療を行ってまいります。難治性の方もご相談ください。

脳神経外科の受診可能日はコチラ